MRI検査を受けるための条件

  その
  MRI検査を受けることができる医療機関について

 もしもMRI検査が必要になった時、あなたは日本国内どこの医療機関でも自由にMRI検査を受けられるわけではありません。
 あなたは、医療関連学会1が定めた指針、「MRI 対応植込み型デバイス患者のMRI検査の施設基準」を満たした医療機関でのみ、MRI検査を受けることができます。
 あなたがMRI検査を受けられる医療機関名については、あなたの植込み型デバイスを管理している医師及び医療機関や下記コールセンターもしくは、専用ウェブサイトにて知ることができます。

 


BIOTRONIK社製MRI対応製品に関するコールセンター
0120-810-513 (月~金※ 9~18時 ※祝日、年末年始を除く)

MRI検査が可能な医療機関リストを公開しているウェブサイト
http://cieds-mri.com/


  1. 日本医学放射線学会、日本磁気共鳴医学会、日本不整脈学会

 

  その
  特定の条件について

 MRI検査を受けるためには、ICD植え込み後にお渡しした「ICD手帳」と、手術後にバイオトロニック社から送付されてきた「確認カード」の両方を医師に提示していただく必要があります。必ず両方を一緒に常に携帯するように心がけてください。先にも述べたように、植込み型デバイスを植え込んだ全ての患者さんがMRI検査を受けられる訳ではありません。そのため、医師は、MRI検査を受けて良い患者さんかどうかを確認する必要があります。この、医師による確認作業をスムーズにするために、「ICD手帳」と「確認カード」が必要となります。この確認ができない場合、MRI検査を受けることができないとお考えください。
 また、あなたにMRI検査をする必要が生じた際、MRI検査を行う医療機関の植込み型デバイス管理医師や、放射線科の医師やスタッフは、いくつかの条件を全て満たすかどうか、確認をします。そして、全ての条件を満たしていることが確認できた場合に限り、MRI検査を行います。残念ながら、医師が、MRI検査のための条件を満たしていないと判断した時は、MRI検査を実施することはできません。その条件とは、植込み手術からの経過日数、MRI検査が必要な部位(体の部分)、植込み型デバイスから得た各種情報などがあります。

 あなたはいつでもどこでもMRI検査を受けられることが約束された訳ではありません。特定の条件を満たしていると医師が判断した場合に限り、MRI検査を受けることができます。

* 注意:また、緊急の場合、医療機関の都合によりMRI検査を受けられないことがあります。

 

 

ProMRI®

患者様用

 

copyright 2013© BIOTRONIK All rights reserved.