条件付きMRI対応両室ペースメーカ(CRT-P)システムについて


BIOTRONIK社の条件付きMRI対応デバイスは、強磁性体部品をほぼゼロ近くまで最小化するなど、新プラットフォームによりMRI検査に対応する回路設計にしています。

数千回に及ぶ非臨床のMRスキャニングテストを実施し、特定の条件下においては、CRT-P本体の故障がないこと、リードの発熱が人体に問題のないレベルであることなど、MRI 検査による様々なリスクを回避できることを科学的に実証しました。

BIOTRONIKがご提供する条件付きMRI対応CRT-Pシステムは、以下の組合せ、かつ特定の条件1,2を全て満たすことで、MRI検査を可能にしま す。


   1.5T部分撮像可


ProMRI CRT-Pシステムが植え込まれた患者さんのMRI検査を実施するには、関連学会3が示したMRI検査の施設基準、および実施条件を遵守する必要があります。

 

  1. 特定の条件は、別誌に記しています。詳細は、弊社営業までお問い合わせください。
  2. 関連学会3が示した「MRI対応植込み型デバイス患者のMRI検査の施設基準」により、当該デバイスが植え込まれた患者さんは、MRI対応CRT-Pシステムが植込まれた患者であることを証明する確認カードと、CRT-P手帳の両方を医師に提示する必要があります。
  3. 日本医学放射線学会(JRS)、日本磁気共鳴医学会(JSMRM)、日本不整脈学会(JHRS)

 

copyright 2013© BIOTRONIK All rights reserved.